自分に自信が持てないとき引き算的な考えになる

2020/03/16

あなたは自分に自信がありますか?そう聞かれて「イエス」と答えられる人はどれくらいいるでしょうか。
自分の内なる問いに直面したとき私たちは無意識に自分の中でマイナスの部分をクローズアップして引き算的な考え方をしてしまいがちです。いったいなぜでしょうか。

自分に自信がないと答える人の共通点の一つとして挙げられるのは一番に「自分を好きではない」ことです。もちろん、自分大好き!という人もなかなかいないと思いますが、必要以上に自分に辛口な評価をする人が多いのです。

ではなぜ自分に自信が持てない人は自分が好きではないのでしょうか。
一つは、今の自分となりたい自分の差が大きいから。
こうありたい、こうなりたいと思うことは素晴らしいことです。ですが、いつの間にか、こうでなくてはいけない、こうならなくてはいけないと「こうあるべき」と少しのズレも許さない価値観でがんじがらめになると、「べき論」は手枷足枷にしかならず自分を追い込むだけです。
もう一つは、判断基準が他者にあるから。
誰でも人から認められたい欲求はあります。ですが人から認められるということは他者の価値観の中で生きているということ。自分の評価を人任せにしているということ。

この二つのことで大切なことは、自分を認めることです。
なりたい自分にまだなれていない自分。発展途上な自分を認めてあげることです。
人からいいねをもらうより、自分が自分にいいねと言ってあげる。
等身大の自分を、ありのままの自分を受け入れることができると、楽ちんでいられます。
自分が自分の一番の味方でいましょう。