マスクとモヤモヤした気持ち

2020/06/29

緊急事態宣言解除でどことなくコロナから解放された感が漂っていますが、マスク着用、アルコールによる手指の消毒は定着しつつあります。俗に言う「新しい生活様式」とやらなのでしょうか。

出先でマスクをしていないと白い目で見られたり、何か悪いことをしているように感じるのは私だけでしょうか。これから夏に向けてウイルス対策も必要ですが、熱中症対策にも注意しないと、熱中症でも命を落としかねません。

私個人的に不思議に思うことがあります。
「ソーシャルディスタンス」社会的距離、最近では「フィジカルディスタンス」身体的距離、物理的距離に言い換えるように推奨されていますが、外では皆さんマスク姿ですが、家に帰るとマスクを外していませんか?家族と同じ部屋で過ごして、一緒にご飯食べて、テレビ見て笑ったりしているわけですよね。

同居というだけで安全になり、一緒に住んでいないとマスクしてディスタンス。
違和感を感じてなりません。ずっとモヤモヤ気持ちでいるのです。
「3密」はダメって言われても、豪邸みたいな広い家ではない限り家族が集まれば密になってしまいます。でも家族はオーケー。モヤモヤした気持ち。

アフリカではこれまでたくさんの感染症でたくさんの人が亡くなっています。
その感染症が先進国まで来なかったから、テレビ越しに対岸の火事のような思いでただ眺めていたのでしょう。
アフリカの人たちはこの現状をどのように見ているのでしょう。
前の記事 | 次の記事