この時期特有の忙しさと孤独感

2017/03/05

季節も変わり日増しに春らしさが感じられるようになってきました。暖かくなると、何となく気持ちも軽やかになり新しいことを始めたくもなります。

お子さんをお持ちの親御さんは新入学に向けての準備も忙しいことだと思います。特に小さい子どもさんは大変ですね。全ての持ち物に名前を記入しなくてはいけませんし、揃えるものも大量にあり、どこから手をつけてよいものか分からなくなってしまいがちです。
こういった準備を担うのは、保護者である両親や祖父母で、特に母親が多くの割合を占めています。仕事をしながら、家事に育児にと、休む暇がないと嘆いてしまうのも頷けます。それに加えてお子さんの新生活に「うちの子は新しい環境でうまくやっていけるだろうか、友達は出来るだろうか、いじめられたりしないだろうか。」と心配が故に一人で悩んでしまいがちです。ご主人に相談したところで話し半分で聞き流されたり、否定的な言葉を向けられると、誰も分かってくれないのではと自分の中だけに仕舞い混んで、孤独感が強まってしまいます。

そんな忙しい時こそ、一旦 目の前の事はどこか端に置いておき、別な事をするのをお勧めします。友人と食事に行ったり、カフェでコーヒーを飲んだり、ネイルサロンや歯科でプロケアを受けるなど、自分に目を向けて自分を大切にすることが重要です。孤独感は疲れているときに強く出てきて、「なんで私ばかり大変なの?」という気持ちに陥りやすいものです。
まずは優先順位をつけて、今すぐやらなくてはいけないこと、明日以降でも大丈夫なこと、大まかなタクスを作り上手くこの時期特有の忙しさを乗り切れるといいですね。