自分が毒親、もしくは親が毒親かもしれない

2018/10/08

最近、テレビや雑誌で「毒親」が取り上げられることが多くなっています。
毒親とは、子どもによくない影響を与える親のことをいいます。
親の態度やぶつけられてきた言葉で傷つくことで、心は鎖で縛られたかのように息苦しくなります。そして、自信が持てなくなったり、自分を嫌いになったりと、
「生きづらい」状態になってしまうのです。

子供に良かれと思い、または躾の一環としてやってきたことが子供にとっては悪影響だったとしたら、今日からでも改善の努力をしなくてはいけません。
簡単なチェックリストを用意しました。

○「あなたのためよ」と言いながら、いつまでも干渉しつづける
○世間体を気にして他の子と比べられた
○褒められたことがない、認めてくれない
○親の思い通りにならないと、すぐに怒ってくる
○いつも自分優先で、まともに話を聞いてくれない
○怒鳴り散らしたかと思うと優しくなり、親の態度に振り回されてきた
○何を話しても否定して、いつまでも子供扱いしてくる
○なにかと口を出してきて、無意識のうちに支配しようとしてくる
○「あなたは何をやってもダメな子ね」と言われ続けた

いくつ当てはまりましたか?

親と子供は密接な関係でいるために、親は子供の人格を重視せずに子供を意のままにしたい、親の言うことを聞くのは当たり前と間違った考えを持っている親は多いものです。

子供であっても別の人格を持った一人の人間です。言うことを聞かない、思い通りにならないのが当たり前なのです。近しい関係だからこそ忘れてしまいがちですが、親子でも他者なのです。その点をきちんと理解した上で、いい親子関係が築けると良いですね。