劣等感を持った生き方に疲れる

2019/01/09

劣等感をあなたは持っていますか?常に劣等感を抱いたまま生きている、そんな人も多いと思います。劣等感を持っている人は、自己肯定感が低く、プライドが高い傾向にあると言えます。

劣等感とは、自己の欠陥,弱点等を意識し,自分が他の人よりも劣っていると感じる否定的な感情です。自分自身を否定的に受け止めるのは、常に他者を基準にしているからです。
周りと自分をいつも比べて「出来ない」自分を明確化して自己評価をどんどん下げて心が疲弊してしまい自信がなくなってしまうのです。

ではいつ頃から劣等感を抱くようになったのでしょうか考えてみましょう。幼少期まで遡るのではないでしょうか。劣等感の原因として考えられる一因として、養育者である親が自分を認めてもらえず、いつも否定的で兄弟や姉妹あるいは近所と比べたり、子供の価値観ではなく親の価値観を優先するなどして抑圧的な環境で育った場合、自分を丸ごと受け入れてもらえず、常に不安感を持ったままで「自分はこのままでいいのだ」と、自分で自分を認めることができずにいた結果とも言えます。

劣等感が強い人は自分を許すことを苦手としがちです。いきなり劣等感を持つなと言われても難しいですよね。まず入り口として出来ないからダメではなく、受け流すことを意識してみましょう。「ま、いいか」と、許してあげましょう。結果ではなくプロセスに重点を置くことで頑張った自分を見つけることができます。

劣等感を持っている人は「劣等感を感じている自分」を意識しがちですが、劣等感そのものは決して悪い一面だけではありません。人間は劣等感を持っているからこそ、それを補うために努力し、それを通じて人格も作られ、人類も進歩すると、その肯定的な役割もあるのです。劣等感は前向きに生きるためのエネルギーにもなるのです。